支払いの一覧をまとめるだけで滞納しなくなるよ

今よりもっと浪費が激しかった頃は滞納の常習犯でした。

ありとあらゆるものを滞納していたので何を払っていないのかわからず水道が止まったり、請求が来ても一体何月分が未払いなのかわからなくて適当に払いすぎて数ヶ月分の請求が来なかったりなんてよくあること。

家計管理を見直す時に一番最初にやったのが「滞納しないこと」でした。

滞納させないことが家計管理の第一歩

滞納が発生すると予定が崩れ、支払いがめちゃくちゃになって「もうどうでもいいやー!」となりがちです。

なので家計管理をするならば一番最初にどんな支払いがあるのかをまとめるのがとても大切。特にズボラな浪費家はわけのわからない支払いがたくさんあるので、月々の支払いを取りまとめるだけでも泣きそうだったことを覚えています。

なのでまずは毎月どんな支払いがあり、だいたいいくらくらいで、どのような方法で支払っているのか取りまとめるのが大切です。

その支払い額は理想ではなく現実を書くこと。最初の段階で目標を書いてしまうと結局予定が崩れて滞納につながってしまいます。

支払いは一覧にまとめておく

請求一覧

最近まとめ直した支払い一覧がこちら。このように簡単なもので十分です。保険がどうしてもゆうちょ銀行からの引き落としになってしまったり、家賃だけみずほ→住信SBI銀行の自動振込だったりと、どうしても1本にまとめるのは難しい部分がありました。

最初に各口座に入金しておくと滞納が防げるため、このような一覧を元に給料日に銀行口座に振り分けます。

請求書払いのものは支払い用の袋を作っておき、届いた請求書をその袋に入れておくことで忘れずに払うことができています。

お金の流れは徹底的に見える化すること

浪費が止まらなくなってしまうのはお金の流れを把握していないのも大きな原因のひとつだと感じています。

浪費癖が酷すぎると家計簿をつけても何が悪いのかわからなかったりするんですが、それでも続けることで少しずつ支出は減っていきます。

また、用途ごとにまとめておくことも大切だと感じています。

毎月決まったお金が出て行く場合はその分類でまとめた一覧を作るのが有効でした。

なぜか滞納してしまう人はぜひお試しください。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事