縁を切って正解!節約につながった悪縁

改めて思い返してみて、やっぱり変な友達との縁を切ると支出が目に見えて減るなぁと思いました。

私がどういう関係性の人たちと縁を切ったのか体験をもとにご紹介します。

縁切りのきっかけは気持ちよくお金を使うため

私は今まで頼まれたら断れず、誘われるままに飲み会に参加してきました。しかし気が進まないまま参加した飲み会は当然楽しむことができません。

何か頼まれごとをして嫌々出向いたり出資した時も嫌な気持ちでお金を払うことになってしまいます。

いつもそんなふうに嫌な気持ちでお金を払っていた私ですが、ある日「気持ちのいいお金の使い方をしよう」と決めました。

そこで、会っていて嫌な気持ちになる人や支出が増える人を中心にそっと疎遠になることに決めました。

my face

納得しないでお金を使うのが嫌だなあと思ったのがきっかけだよ

my face

ヘー

切ってよかった悪縁上位3つ

疎遠になっても困らなかった悪縁を3つご紹介します。

私の場合、縁を切ることは相手には伝えていません。宣言はしなくても悪縁というものは自然と離れていくものです。特に私のことを便利に使っていた人たちは、一度素っ気ない態度を取ると自然と離れていくようでした。

ここで紹介するのは何度かLINEを既読スルーしただけで離れていくような必要のないご縁の方ばかりです。

1位:1日中飲んでる人たち

1日中飲んでる人たちや何かを始める前に必ず飲む人、って言うかとにかく四六時中飲んでいる人たちと縁を切ると時間とお金の節約になりました。

飲兵衛なので安く飲む方法を知っているとはいえ毎日飲むほどの支出は厳しいし私の場合酔うと気が大きくなって妙な買い物をしてしまうので、飲兵衛との付き合いをやめたのがいちばんの節約効果がありました。

とにかく飲めればいい人たちなので、連絡を取るのをやめただけで縁が切れたので、友達じゃないですね。笑

my face

飲み始めると10時間は止まらんのよね

my face

そのうち死ぬぞ

2位:他人を利用する人たち

「私たち友達でしょ」を理由に利用してくる人たちと使うお金は本当に無駄だったので縁を切ってよかったなと思います。

モラハラに好かれやすい気質なのでそう言う人に遭遇しやすいのだと思いますが、一緒に過ごす相手がいないからと呼び出され、終電まで付き合わされ、宿として我が家の提供をしつこく迫られ(断固拒否したけど)、かと言って私の都合には一切付き合ってくれない・・・そんな人に使うお金は無駄すぎたので縁を切って本当に良かったです。

こう言う人たちの場合、1回で出ていく金額がデカかったんですよね。

「これしてくれないんだったら友達じゃない」とか言われたら怖くて付き合っちゃったけど今考えたらそんなこと言ってくる人は友達じゃなかったです。

my face

1回呼び出しを断ったら向こうから無視してくれてスーパースムーズに縁切りできたよ!

my face

なぜ付き合ってたの?

3位:ダメンズ

都合のいい相手として扱われている男性を切ったらな大幅に支出が減りました。

彼に貢いでたわけじゃなかったけど、化粧品や洋服に使うお金や細々した支出やプレゼント代が浮いたのかな。いちばん浮いたのはストレス発散に使っていたお金かも。

一緒にいてストレスの溜まる相手とは付き合う必要ないですね。

my face

ダメンズが好きすぎて、カウンセラーに「自分がときめく相手とは付き合うな」って言われた

my face

でしょうね

注意点:気持ちが落ち着いている時に縁切りしよう!

長い付き合いの人と縁を切っても、そのご縁が本当に無益なものであればに後悔することはありません。

けれど女性であればホルモンバランスの崩れているPMSの時や、うつの時のように気分が落ち込んでいるときは判断を誤ってしまいがちです。実際に私も癇癪を起こした時に喧嘩して縁を切ってしまった友人のことは今でも後悔しています。

友達と縁を切るときは、

  • 宣言しない
  • 気持ちが普通の時
  • 自然と離れるのを待つ

これらに気をつけるとスムーズに疎遠になれると思います。

my face

メンタル弱ってる時は何も判断しないのがいいよ

まとめ:居心地のいい人とだけ付き合えば良いのだ

「友達」って縁を切ると何かとんでもないことが起こるんじゃないかと思っていたけど、実際は嫌な気持ちになる人と縁を切ると入れ替わるように居心地のいい人たちとの付き合いが始まります。

スピリチュアルな目線でいうと居心地が悪いのは魂のステージがあっていないから。魂のステージがあっていない人と一緒にいるとそちらのステージに引きずられてしまうから、避けた方がいいのですよね。

というか、悪影響のある人と無理して一緒にいて得るものなど何もないのです。

困ってる人は一度人間関係見直してみるのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事