節約術!しつこく誘ってくる人は全員縁切りでOK

友達と縁を切ったら節約できたとか、会社の人付き合いをやめたら節約になったと時折耳にしますよね。

私もつい最近人間関係の断捨離を行った結果、予想外に節約につながりました。

疎遠になったけれど全く問題がなかった人たちの中で一番精神的にも良かったのは「しつこく誘ってくる人」でした。

主に縁が切れたのはこんな人

人間関係の総整理で疎遠になったのは主に飲み仲間。1日中飲んでいるとかアル中かな?って感じの人とかです。ここは当然かなって思うのですが、それ以外に疎遠になってスッキリしたのは、しつこく誘ってくる人たちです。

飲み会やライブにしつこく誘ってくる人たちと縁を切ってみたんですが、何の問題も起こらなかったどころか誘われなくなったので気持ちもスッキリしたし経済的にも楽になりました。

しつこい人は友達ではなく『害のある知人』

特にライブ関連の人は今後も会うので縁を切りにくかったのです。

ところが、経済的事情や仕事の都合で行けないと言ってもしつこく誘ってくる人たちにはある特徴がありました。本気で誘っているわけじゃなくてなんとなく言ってるだけ。会話が思いつかないから喋ってるだけ。今日はいい天気ですねぇと同じノリです。

ほかにはバンドマンに入れ込みすぎて「私がお金払うから」と言ってくるツワモノもいましたがむしろ怖すぎていきたくない。

こちらの事情を考慮してくれない人って、友人でも何でもなくただの害のある人じゃないかと思ったのです。

押し問答で10回以上往復する異様さ

私がお金がないから移動費がないというと「親に借りたらいい」と言ってきた人がいました。それは無理、親との関係が良くないから借りられないと伝えているにも関わらず「なんとかなる」「借りてしまえ」のやりとりの往復で10回以上。

これってすごく異様じゃないですか?

無理だと本人が言っているのに何で他人が「大丈夫」だと判断するのでしょうか。

ここで私はようやく、「しつこく誘ってくる人はただの害のある人である」と気づくことができました。

縁を切ると新しい人間関係に変わる

縁を切っても問題なかったどころかしつこく誘ってくる人がいなくなり、行動パターンが自分と似たような人たちと付き合うようになったため、ストレスもなくなり無駄な支出もなくなりとてもスッキリしました。

自分にとって不快な人たちと全て縁を切った結果、時間やお金の使い方に納得できる付き合いをするような人たちに囲まれるようになりました。

お金を使うにしても自分で納得しているので満足感があるのでいい使い方になるのだと思います。

疑問のある人間関係は全て絶ってしまって問題ないと思いますし、間違って切ってしまった人間関係っていうのは自然と後ほど復活するものなので、困っているときは一度付き合い方を見直してみるのもいいかもしれません。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事