今すぐやめるライブ前後の浪費

ライブに行くのって何かとお金かかりますよね。

チケット代、手数料、ドリンク代、コインロッカー代のほか、交通費、宿泊費、飲食代など数えればきりがありません。1回のライブチケットがたった2,500円でも諸々合わせて1万越えなんてザラですよね。

今回は不要な支出の見直しを行った時にやめたライブ前後の浪費をずらりと一覧でご紹介します。

私がやめたライブ前後の浪費

ライブ前の腹ごしらえ

ライブ前に1杯飲んでくる、ファミレスでご飯を食べてからいく、なんて人多いのではないでしょうか。私の場合は早めに現地に行ってカフェでのんびり心を落ち着かせるのが大好きでした。家でご飯を食べてから出かけるようになりました。

イープラスの手数料

いや〜これも無駄だなぁと思い、手売りやバンド予約、箱予約があるときは活用するようにしています。どうしても前の方で見たいときはプレイガイドで買いますけど、手数料だけで1,000円近く取られてやっぱやーめた!となることもしばしば。

コインロッカー

コインロッカー代も地味に痛いので、家からライブに参加する格好で出かけています。

コインロッカー代のことは別途記事にしたことがありますので、興味があれば読んでみてね。

 

バンドマンへの差し入れ

意外と無駄なのがバンドマンへの差し入れ。名前を覚えてもらいたくてエナジードリンクやタバコにメッセージをつけて渡したり、中には数万もするアクセサリーやブランド服、家電をあげる人もいますね。

これさぁ、自分の美容に使いなさいよ。エステいけるよ!!?私は差し入れやめて自分のヘアケアやスキンケアに使うようにしました。ライブに行く回数が多ければ多いほど、自分が綺麗になっていきますよ!!?

ファン仲間へのお菓子

なぜかファンの間でお菓子を配る風習があるバンドがあって、お土産は配るけど普段のお菓子は配りません。ちょっとやってた時期もあるんだけどね・・

チェキを買う

物販はバンドへの貢献になるけど破産への道なのでやめました。そのほか、西院入りのスタッフパスやその日のライブの粗悪なDVDなど・・いいと思うけど後に残るものは何もありません。

握手のためにCD買わない

気持ちはわかる。わかるけど買うのをやめるとお金が全然減りません。

遠征でホテルに宿泊

遠征でホテルに泊まらず、そのまま夜行バスで帰宅したり、スパやネカフェを利用するようになりました。

最近では昼バスで行って夜バスで帰ってくるようにしています。そうすると飲食代も減るし昼バス・夜バスの組み合わせは一番節約になりますね。

そもそも遠征しない

遠征自体をやめると相当お金が浮きます。1回の遠征で少なくとも1.5万はかかるで、そのお金で都内のライブなら5回はいけますよ。

地方だし、、っていう人はご安心ください。私はライブに行きたすぎて上京しました。幸せです。そういう道もあります。

遠征時に会社へのお土産を買う

遠征のたびに会社へのお土産を買うのをやめました。他の人ってせいぜい年1回だけど私の場合年20回以上お土産渡す必要はないんじゃないかと思いました。

ライブハウスでお酒を飲む

音楽とお酒を楽しむためにライブに行っていたんですが断酒をしてライブハウスでお酒を飲むのをやめたらむちゃくちゃお金が浮きました。

ライブ後の打ち上げに参加しない

打ち上げのメンツにもよりますが、やすい人だとラーメン屋サイゼリア、高い人だと飲み屋とバーをはしごしていつの間にかタクシーで帰宅コースなので結構高くついちゃうんですよね。

バンドマンに奢らない

フロアをうろついているバンドマンにお酒を奢る習慣があったんですがやめました。私があげたお酒を受け取ってそのまま他のファンと話し始めた時に殺意が湧いたからです。

新しい服を買う

とあるコーデが気に入りすぎて1週間前と全く同じコーデで行った時に「また新しい服着てるじゃん!」って言われたのでそれ以来真剣にコーデを考えるのをやめました。

飲食と貢ぎをやめる

まとめると、飲食とバンドマンへの貢ぎをやめるだけでだいぶ浮きます。

ライブ前後の飲食はだいたいいつも4,000円くらいかかってましたので、チケットや交通費を含めて1回で1万円近く支出していたんですよね。今考えると恐ろしいことです。

さらに推しに会えるからとせっせとおしゃれしてたのが馬鹿みたいになる出来事や、おごるのがアホらしくなる出来事も経験し、今では自分にお金をかけるようになりました。

この中に心当たりのある人はいますぐやめてエステ行った方がマシだと思いますよ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事