もしかして買物依存?依存カウンセリング受けてみた 2

1年半かけて節約に取り組んできたものの自力では無理と判断し、誰かの力を借りるべく心療内科に行ってきたレポートです。

双極性障害だった場合は薬での治療も効果的と言われましたが断って、まずはカウンセリングで様子を見ることになりました。

今回は初回カウンセリングの様子をレポートします。

予約から診察、カウンセリング予約までの記事はこちら

2回目の診察

初診のあとすごく眠かったので家に帰って寝ていたらすっかり寝過ごしてしまい、翌日に予約を取り直しました。

早速やらかすとかありえない〜!と思ってしまったのですが、心療内科では予約通りに行けない人も多いのでよくあることになるっぽいですね。スムーズに予約を翌日に変更してもらえました。

カウンセリングの日は必ず診察を受けることになっているので、今日も診察を受けます。昨日とは違う先生でした。5分くらい待っていると診察室に呼ばれます。

薬を飲みたくない旨をもう一度伝えると、双極性障害だったとしてもカウンセリングで十分治るので大丈夫と言われました。

血液検査と鬱のチェックシートの結果を伝えられました。

昨日の先生には言えなかった、前の診断とは関係なく診断をし直して欲しいと伝えたけど伝わったんだかどうだかわかんないまま診断は終了。

「治してもらう」のではなく「共に道を探す」のがカウンセリング

カウンセラーは女性で笑顔で迎えてくれました。傾聴がやりすぎかなってくらい大げさなのですが気分良く喋れる感じで話しやすかったです。

心療内科の医師って患者より病んでるのでは?という雰囲気の人が多いのでカウンセラーもそんな感じだと思ってたので予想外!

5分は書類のまとめに使うそうなので、実際のカウンセリングの時間は25分だと説明され、カウンセリングがスタートです。

最初に「治す人、治してもらう人ではなく、一緒に手を繋いで歩きながら道を進む人という認識でいてね」と伝えられました。

予想外の展開に…

初めはいくつか質問させてねと簡単な質問をされて答えていくのですが、脱線しつつも好きなように話しました。

15分くらい話していると「わかった!ちょっと2つ質問させて」と「こういうことある?」と質問されて、「まさにそれです」という感じのことをいうと、「わかった!」とカウンセラー。

「いくつか大切なことを言っていたのだけど」と、見えてくるものが多かったようで、私の買物の原因と思われることをまとめてくれました。

それは何かストレスを感じていてそのストレスをごまかすためにやりすぎているのではないかということ。

買物だけでなく、ライブ通いやジョギングしすぎて激やせ問題、コスメ全パターン揃えてしまうなど、あらゆることのやりすぎについてです。

あとは「記憶にない買物が気になる」としきりに言われました。

そこで、私は親子関係に難があり幼少期の記憶がなかったことを伝えると、そこも触っていくことになるかもしれないとのこと。

ただの浪費癖だと思っていたのに、まさかの親子関係の問題に行き着いてしまいそうです。

強いストレスから目をそらすためにより強い刺激を求めている

これが私の浪費の原因みたい。ストレスをうまく逃せていないのが原因みたいです。

カウンセラーに言われたわけじゃないんですけど、そうだとしたらほぼ全ての「辛いこと」の理由が説明できてしまうんですよね。

ストレスから目をそらすためにダメンズを捕まえて恋愛で悩み、何も考える余裕がないくらいダイエットしてライブに通って…って確かに超現実逃避。

徹底的にやるストイックなタイプなんだと思っていたけれど、そうじゃないみたいです。

じゃあそこまでして目をそらしたいストレスって一体なんなんだろう…。

カウンセリング受けてよかった

まだ1回目ですがカウンセリングを受けて見えてきたものは多く、カウンセリング受けてよかったなと思いました。

いろんな人を見ているから私の話の端々からどうしてそうなっているのかピンとくるようです。

どこがねじれているのかはこれから見つけていくのですが、私の爆買いが発動したきっかけが完全に過去の親子関係の再現であることに気づけたのは大きかった。

今考えたら親に言われていたのと全く同じことを上司に言われていたんですね。

一人ではさっぱり解決しないことでも、プロの手を借りたらこうもあっさり分かるのか…と驚きです。カウンセリング受けてみてよかったなぁと思います。

いつかは解決しないといけない問題なのでこれを機に解決したいなと思いました。

ゆうメンタルクリニックで受診しています

私は「マンガで分かる心療内科」で有名なゆうメンタルクリニックを受診しています。

当日予約も可能で間口が広いので初めての受診にもおすすめ。依存カウンセリングを受けるとマンガがもらえますよ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事