成功したことに目を向けて節約上手になる

どうしても節約がうまくいかずに悩んだ私はカウンセリングに通っています。

買物依存症になる人は双極性障害という気分障害である場合も多いようですが、私の場合はただ『超ストレスが溜まっているストレス発散の方法を間違ってる人』、ということでした。笑

今回は私がカウンセラーに教えてもらったアドバイスをシェアしようと思います。

反省会をするのは悪循環

私は真面目でストイックな方です。典型的な1か0か思考の完璧主義者。このようなタイプの人が反省会をするのは浪費を悪化させる可能性があります。

私の場合、ストレスが原因で買物をしているので、反省会を開き自分にダメ出しをするとそれがストレスになりますます買ってしまう悪循環になってしまうのです。

そこでどうするかというと、よくできたことを徹底的に褒めるスタイルに変更していきます。

どういう人になりたいかはっきりさせる

まず自分がどういう人になりたいのかを箇条書きで書き出します。ぼんやり思っててもいいんだけど、書き出せるほどはっきりさせると効果的です。

「〜しない」ではなく、「〜する」という書き方にしましょう。

例えば私なら

・本当に必要なものだけを買う人になる
・自信を持って公開できる家計簿にする
・「お金の使い方が上手ですね!」と言われる
・毎月5万円貯金する

など。あんまり節約に対するイメージがうまくできないせいかうすらぼんやりした目標しか立てられなかったんですが最初はこんなものでもいいようです。

できたことに目を向ける

「また買ってしまった」と、できなかったことに目を向けるのはやめて、できたことに目を向けます。

「いつもなら買ってたアレを買わずに済んだ」とか「買う前に一度考えた」とかとにかくできたことに目を向けて自分を褒めていくスタイルで。なりたい自分に少しでも近づく行動ができたらそれでOKなのです。

Twitterのあいさつを活用する

ここまでがカウンセラーに教えてもらったこと。

家に帰ってなりたい人リストを考えてみたけどうまく作れないし、すぐ忘れちゃうし、褒めるのも難しくて反省会になっちゃうから、どうしていいか考えた結果、Twitterを活用することにしました!

おはようの挨拶で「なりたい自分像」を発表、おやすみの挨拶で「できたことを褒める」。

これなら続けられそうな気がしませんか?

効果がわかるのはまだ先になりますが、1年ほど続けてみようと思っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事