【コロナ鬱】無料で時間割を作って生活リズムを整えてみたよ

家に籠っていると生活リズムが狂いがち。生活リズムが狂うとうつになる危険があります。

ましてや今はコロナで今後の不安や感染の不安などストレスが多い時期。メンタルクリニックにも眠れない、体調が悪いといった相談が増えているそうです。

うつを予防するには規則正しい生活をすることと、太陽の光を浴びることがとっても大切なのだそう。

私も主治医から規則正しく生活するように指示を受けました。

ところが、仕事に行く必要がないとつい自分を甘やかして寝坊し放題、だらけたい放題になってしまいます。

これはいかん、なんとかしなくてはと考えました。そこで小学生の時みたいに時間割を作ったらどうだろうと思いつきました。

時間割を使って生活リズムを整えてみる

朝起きた時に「今日は何時からあれして何時からこれして」と計画してもその通りに動けたことがありません。

何かに熱中して忘れていたり、遊びを優先してしまってだらだら過ごしてしまいます。

そこで時間割を作ってその通りに動けば何も考えないでも規則正しい生活ができるだろうと考えました。

1個の予定を飛ばしても、次の予定から守ればいいので簡単そうです。

さらに私の場合1時間では時間が短すぎるので2時間ずつの時間割りが使いやすそうです。

ポイントの時間だけ守ればいい

生活リズムを整える時に大切なことは要所要所の作業の開始時間だけ守ればいいということ。

計画表をつくる時って1日の予定をみっちりと埋めてしまいがちです。

けれど、起きる時間、ご飯の時間、作業開始の時間だけ決めてそこだけきっちり守るのが生活を整えるコツです。

必ず守る時間

必ず守らなくてはいけないのは、以下の通り。

・起きる時間
・寝る時間
・1日3回の食事
・薬を飲む時間
・運動する時間

もしも今あなたの生活がぐちゃぐちゃになっていたら、リハビリだと思ってここから初めてくださいね。

慣れてきたら作業する時間を少しずつ追加していきます。

時間割を作るならGoogleカレンダーがオススメ

さて、いざ時間割を作るぞ!となった時いろいろなアプリを試してみました。App Storeで検索してみてもらえたらわかると思いますが、たくさんの時間割アプリがあるのですね。

学生向けはもちろん、大人向けの時間割アプリまで様々。

どれにしようか悩んだ結果、私はGoogleアプリを使うことにしました。

Googleカレンダーは時間割のアプリではないのですがとても使いやすいのでオススメです。

無料で使える

Googleカレンダーは完全に無料です。邪魔な広告もありません。

PCでもスマホでも使えるのがとても便利!

Googleカレンダーは他のカレンダーアプリと連動して使うことも可能なので、PCではGoogleアプリを使い、スマホでは別のカレンダーアプリで表示するなんてこともできます。

使い方が簡単

Googleカレンダーは感覚的に使うことができます。カレンダー上をクリックして予定を書き込めばそれで完了!

右クリックで色を変えることができます。

クリックして出てくる編集画面にいけば、毎日や曜日指定でおなじ予定を繰り返すことができます。

途中の予定を変更したらその後の予定もまとめて変更することも可能です。

自由度が高い

時間割ではなく普通のカレンダーなので自由度が高いです。

私は2時間ん区切りで予定を入れています。もしも2時間半区切りがよければそれも可能だし、学校のように45分区切りの予定も入れられます。

通知が来る

予定の開始時刻に通知が届きます。通知が不要な場合はそれも設定できますよ。

共有できる

Googleカレンダーの最大の魅力はここかもしれません。他の人と共有することができるのです。

家族で共有したり、友人と共有して同じスケジュールで動くことができます。

時間割を使ってみた体験談

時間割を使って生活するようになってもう1ヶ月以上が経ちます。

感想を一言でいうと「とても効果的!」だということ。

人間って楽な道をとってしまう生き物なので、時間割でやることが決められていると何も考えなくて済むからそれに従います。

最初は遊んでいるのを中止するところで苦戦するかもしれません。一度時間割を守る方が「いつもの行動」になってしまえば何も考えないで時間割に従うようになります。

時間割のおかげで楽して生活リズムが整ってしまうというわけ。

生活リズムを整えてうつを予防しよう

生活リズムを整えることはうつの予防にとても効果的です。

ぜひ太陽の光を浴びる時間も時間割に組み込んでみてください。

時間割があると何も考えなくても次の行動が決まっているので生活が楽になるという側面もあります。

時間割を活用して自粛生活を乗り切りましょう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事